ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
メインメニュー
アクセス
〒685-0013
隠岐郡隠岐の島町
中町目貫の四、54-1
隠岐の島町商工会内
「隠岐青年会議所事務局」
TEL08512-2-1157
FAX08512-2-6041
office@oki-jc.jp

2010年04月


2010年04月19日
<水木しげるロード>隠岐に“延伸” 妖怪力増強、ブロンズ像9体 観光客「海越え」期待(1)
<水木しげるロード>隠岐に“延伸” 妖怪力増強、ブロンズ像9体 観光客「海越え」期待

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100418-00000006-maiall-soci
Posted by akanuma [コメント(0)][トラックバック(0)]

2010年04月14日
理事長になって4カ月(大江@理事長)
 年をまたいだ新旧理事会から早4ヶ月が経とうとしています。一月から理事長はJC以外の活動にもいろいろ任命されて、JCだけじゃないんだということを深く感じています。
新年度ということもあって、いろんな方とまた名刺交換、そして町の会議。。。。いそがしいけど、楽しい?いや、なんでしょう?使命感というか、気持も引き締まります。
 先日4月4日は、境港でブロンズ像除幕式がありました。隠岐JCの企画でうまくいったようです。残念ながら僕は従兄弟の結婚式でこのイベントには出席できませんでしたが、水木しげるロードが隠岐にも延長してくるこの企画はこれからも続くでしょう。
皆様ご苦労様でした。
Posted by akanuma [コメント(0)][トラックバック(0)]

2010年04月01日
燃える島魂(とうこん)(大江@理事長)
リーマンショックによる100年に一度といわれる不景気、自由民主党から民主党への政権交代、通信もアナログからデジタルへ。時代は本当の21世紀に変って行っています。
よく世間でも言葉にされる「古き良き時代」という言葉があります。確かにいい言葉ではありますが、良き時代って?なにが良き?具体的に説明を求めても、多分大多数は答えられないか、自分の昔話で終わると思います。良き時代って人それぞれなのです。
われわれ隠岐青年会議所も発足当初は60人以上の大所帯だったそうです。しかし今年度は現在会員数7名という少数精鋭です。たぶん今40人部員がいたとしても、活動体制はそんなに変わらないと思います。会員数が少ないながらも一人ひとりがJCとしての自覚を持って、なんとかして隠岐JCの看板を背負ってくれていると思います。そういう魂がのちに私たち現会員の古き良き時代として隠岐JCの記録に残ることを期待しています。
今年度、私が目指す「燃える島魂」ですが、隠岐としてできることです。かといって、ハードルを下げるわけではなく、逆にハードルを上げていくことです。上げていってできたことにより次の新しい道も開いていけると思います。それに今ある道の幅も広がっていくのではないでしょうか。
1975年3月、モハメド・アリというヘビー級チャンピオンが「100万ドルの賞金を用意する。東洋人で俺に挑戦する奴はいないのか?レスラーでもなんでもいい。」というジョークを言ったことがきっかけで、アントニオ猪木というレスラーがそれに食いつきました。当時猪木は世界ではあまり知られていないマイナーなレスラーでした。アリ側は猪木の挑戦状を一時撤回しましたが、猪木はもうアリ側が逃げられないように外堀を埋めていったのです。受けざる負えなくなったアリ陣営は猪木に対していろんなルールの変更を申し込んでいくのです。しかし猪木はアリが逃げられないように次から次に受けていくのです。そして試合当日、猪木のとった戦法はみなさんご存知の通り、寝たまま攻撃を仕掛けていく戦法です。針の穴のような小さな隙間に入って行った猪木のやり方。当時はそれで15ラウンド引分けという結果に終わり、さまざまなマスコミが茶番だったとけなしました。しかし、猪木とアリには永遠の友情が結ばれました。今猪木さんの代名詞となっています、「INOKIボンバイエ」のテーマはアリからもらった曲です。30数年たったいまではこの試合が伝説になりました。(いまだに賛否両論ですが。)
勝負がどうこうではなく、山のふもとの小さな洞窟から少数精鋭で道をかき分けて、太い道を作っていく。そんなストーリーを私は今後の隠岐青年会議所に求めていきたいと思っています。決してできないことではないと思います。会員拡大はもちろん必要ですが、私たちの行動、責任感、使命感に賛同してついてきてくれなければ意味がありません。
そして私たちも自己満足に終わらずに、会員拡大もですが、活動拡大を目指していきましょう。
「レインボースピリッツ」7つの光が一つなって大きな橋を掲げる。みんなの魂を一つに大きな橋を造って行こうではありませんか。隠岐人の持った島魂を一つにいろんな色で。
そして何年後かに、少数精鋭の隠岐青年会議所も古き良き時代の一つになるように。
人事を尽くして、天命を待ちましょう。

◎基本方針
・次世代リーダーの育成(会員拡大も含む)
・次年度会員大会に向けての地盤
・少数精鋭だからこそ、隠岐の魂を一つにして

昨年度25周年という節目を迎え、隠岐青年会議所も第2クォーターへと進みます。
現在の会員全員が理事です。いろんな意見をぶつけ合って中身の濃い青年会議所へしていきたいと思います。
Posted by ooe [コメント(0)][トラックバック(0)]

nmBlog v1.3 distributed by SAMN Project

最新記事
2012年01月12日
2012年度 隠岐青年会議所(大江@理事長)
2012年度隠岐青年会議所
理事長 大江寿
直前理事長 山本誠
副理事長 小谷茂雄
副理事長 赤沼親志(兼 専務理事)
企画室室長 門脇雄基
監事 齋藤晋一
総広報委員会長 古川正樹(兼 事務局)





Posted by akanuma


新着記事

アーカイブ

創立25周年記念大会

6/13(土)
記念式典 13:30〜
「隠岐青年会議所創立25周年記念式典」

14:50【一般入場開放】無料!

記念事業アトラクション 15:10〜
「世界ジオパークとは」
記念講演 15:30〜
独立総合研究所 青山繁晴「日本の希望」

※会場内には「世界ジオパーク」申請応援ブースが出展されます
13:00〜15:30まで(無料)

今日の予定 (piCal)
予定なし
今後の予定 (piCal)
予定なし
 Powered by XOOPS Cube 2.0 © The XOOPS Project